お部屋探しを始める前のチェックポイント

一番空き物件が多いのは1月から3月!

春に向けて物件探しは激戦です。
新入社員がお部屋を探し出すのと転勤のシーズンが重なり、引越しをする人が増加します。
家賃の契約満了の方もこの時期に一斉に引越しを考えます。
多くの人が動くということは多くの物件が空きになるということです。
豊富な物件数からお部屋を探したいという方は、この時期がベストです。
3月末に退去する予定の人気物件の情報も出てくるので狙い目です。

しかしこの時期は不動産会社の一番の繁忙期。
多くの方が物件を探しているので、ゆっくり話を取り合ってもらえないかもしれません。
「あたなの代わりに他にこの部屋に住んでくれる人はいる」という理由でこの時期の家賃交渉はなかなか受け入れてもらえず、迷っていると少しの時間差で他の人に取られてしまいます。
この時期のお部屋探しは、良いと思ったらすぐに決断して契約するのもポイントですね。

9月から10月は穴場シーズン!

次に空室物件が多くなるのは9月から10月です。
この時期は2人以上のファミリータイプの物件を探す方がとても多くなります。
9月に企業の人事異動に伴う転勤がある方や12月は忙しいから年末までに引越しをしたいという方、そして同棲生活を始める方が多くいらっしゃいます。
大家さんはこの時期に空室を減らさないと年明けまで空室のままという状況になってしまう可能性もあるので1月から4月のピーク時より家賃交渉はしやすくなります。
この時期に合わせてファミリー層向けに新築物件が登場することも多いので、新しいお部屋に住みたいという方は前もってリサーチが必要ですね。

引越し料金も繁忙期より抑えられるので、この時期は狙い目と言えるでしょう。